自社システムとも連携がしやすい!オンプレミス型メール配信システムのメリット

既存のデータベースを引き継げる

オンプレミス型のメール配信システムは、データの連携に幅広く対応できるのが特徴です。マルチなプラットフォームが採用されており、自社システムとも連携しやすくなっています。データベースを一から構築する必要がなく、積み上げてきた情報資産が無駄になることもありません。アクセスツールが用意されているので、すでに多くのシステムを導入している場合でも速やかに連携が行えます。システムはパッケージとして提供されており、導入には自社サーバーが必要です。自社のネットワーク内でシステムが完結するため、データが外部に流れることもありません。自社でサーバーを運用することで、強固なセキュリティを構築しやすいのもメリットです。

カスタマイズも柔軟に対応できる

オンプレミス型のメール配信システムを導入すれば、メール処理の負荷も分散できます。カスタマイズが柔軟で、自社に合ったシステムを構築しやすいのも強みです。クラウド型では対応できない特殊な環境でも、オンプレミス型ならスムーズにシステムを構築できます。配信リストの連携はもちろん、メールの文章登録をコントロールできるのもメリットです。配信結果を分析し、効果測定やエラーリストの作成も自動で行われます。導入前から運用開始まで、パッケージの提供会社がしっかりサポートしてくれるので安心です。操作方法や課題のヒアリングなど、自社の環境に合ったシステムを提案してくれます。導入を検討している方は、ぜひ気軽に問い合わせてみて下さい。