自社に最適なものを!オンプレミス型メール配信システムの選び方

メール配信のユーザー情報管理はとても煩雑

メール配信は、とても強力なマーケティングツールの1つです。見込み客・既客に対しての情報提供による関係維持や、商品・サービスの売り込みまで、多岐に渡って利用することができます。しかし、その反面、運用がとても大変です。特に、ユーザー情報の管理業務が煩雑と言えるでしょう。ただでさえ、ユーザー情報の登録・変更作業に手間がかかるのに、さらに情報漏えいしないよう、セキュリティ管理にも気を配って運用しなくてはなりません。このような煩雑且つ神経を使う業務を、担当者の手作業任せではとても運用が成り立たないことは、ご理解頂けるのではないでしょうか。そこで、これらの運用を支援してくれる、メール配信システムの出番となります。

オンプレミス型メール配信システムでユーザー情報を楽に管理

メール配信システムの種類は、大きく分けて2種類です。1つはインターネット上のサービスとして提供されているクラウド型で、もう1つは、自社内のネットワーク上に構築するオンプレミス型になります。ここでは、セキュリティ面と既存システムの柔軟性から、オンプレミス型の導入をおすすめします。オンプレミス型は自社内に構築するため、自社内ネットワーク経由でしか アクセスすることができません。よって、クラウド型と比べてセキュリティレベルは高いと言えます。また、クラウド型はサービスとして提供しているため、カスタマイズによる既存システムとの連携は不可ですが、オンプレミス型は自社導入のため、既存システムと柔軟な連携が可能となります。これにより、ユーザー管理も一括して行うことが可能です。以上により、オンプレミス型のメール配信システムを導入し、少しでも管理業務を楽にしていきましょう。

メール配信のサービスの機能の1つにターゲティングがあります。配信対象を設定して、特定の人にのみ個別の内容のメールを配信する事が出来ます。これによりワントゥワンの効果的なメール配信が可能となります。