クラウド型メール配信システム

ネットワーク経由で利用できるのがクラウド型のメール配信システムですが、そのメリットとデメリットには何があるのでしょうか?ここでは、メリットとデメリットと共に選び方についてもご紹介します。クラウド型のメール配信システムを導入しようとしている方は、ぜひ参考にしてみてください。

利用はすぐにできる!クラウド型メール配信システムのメリット

クラウド型メール配信システムは、最近当たり前のように利用されていますがこれが利用されているのはそれなりのメリットがあるからです。まず、事業効率のアップが関係してきます。事業効率は、どこの会社でも重…

続きを読む

カスタマイズはしにくい?クラウド型メール配信システムのデメリット

近年、多くの企業はオンプレミス型のメール配信システムから、クラウド型のそれへと移行を進めています。その理由として、導入コストが掛からずに運用も楽、障害にも強いといったメリットがあるのですが、一方で…

続きを読む

自社に合ったものを!クラウド型メール配信システムの選び方

機能に注目して選ぶことが大切

クラウド型メール配信システムを利用するときには機能に注目しておくことが重要となります。クラウド型メール配信システムの機能としては予約配信、マルチパートナーメール配信、ターゲット配信、ステップメール配信などがあります。予約配信では予め決められた日時にメールが配信できるように設定をすることが出来ます。期間や細かい設定についてはそれぞれメール配信システムによって違いがあります。マルチパートナーメール配信は、テキストメールとHTMLメールという2つの情報を同時に1つのメールとして配信する仕組みになっています。この機能が搭載されていることにより、顧客に柔軟なメールを送信できるようになります。それらの機能を予め確認すると選びやすいといえるでしょう。

配信結果の分析が出来る機能も大切

クラウド型メール配信システムを選ぶときにはメール送信の機能ばかりに注目が集まりがちですが、その分析に関する機能も重要となります。例えばメール配信システムにおいて配信エラーが起こったときには様々な理由が想定されます。その理由を詳細に分析できる機能があれば、エラーとなったアドレスへの対処が取りやすくなります。開封率、クリック率、コンバージョン率などを分析出来るメール配信システムもあります。これらの機能があればメール配信システムの効果を判断しやすくなります。また、クラウド型メール配信システムはサービスが終了すると利用できなくなってしまいます。それゆえに順調にサービスを続けているところを見つけることが重要といえるでしょう。

オンプレミス型メール配信システム

サーバーやソフトウェアなどを自ら用意するのがオンプレミス型のメール配信システムです。ここでは、オンプレミス型を利用する際のメリットとデメリット、そしてその選び方についてもご紹介します。オンプレミス型のメール配信システムの導入を検討している方の参考になれば幸いです。

自社システムとも連携がしやすい!オンプレミス型メール配信システムのメリット

オンプレミス型のメール配信システムは、データの連携に幅広く対応できるのが特徴です。マルチなプラットフォームが採用されており、自社システムとも連携しやすくなっています。データベースを一から構築する必…

導入に手間暇がかかる!?オンプレミス型メール配信システムのデメリット

メール配信システムを導入したい場合に問題となりやすいのが、利用形態にクラウド型とオンプレミス型のどちらを選ぶかです。オンプレミス型を導入する場合にデメリットとなるのが、導入に手間が掛かることです。…

自社に最適なものを!オンプレミス型メール配信システムの選び方

メール配信は、とても強力なマーケティングツールの1つです。見込み客・既客に対しての情報提供による関係維持や、商品・サービスの売り込みまで、多岐に渡って利用することができます。しかし、その反面、運用…

メール配信をスムーズに行うために

ビジネスにおいて大量のメール配信を迅速かつ正確に行うためには、配信を専門にしている業者を利用すると良いでしょう。